診断を受けている猫

飼い方

フェレットを飼うには、フェレットについて知る必要があります。例えば、選び方や病気の予防の仕方などです。フェレットは、とてもデリケートな動物です。ですから、扱い方に気を付けましょう。

種類

フェレットには沢山の種類がいます。フェレットを飼う際には、自分が欲しいと思った種類をあらかじめ把握しておきましょう。また、種類によっては色も性格も違ってきます。

特徴

フェレットにはたくさんの特徴があります。その中で最も珍しいのが、人間と同様に5本の指があるということです。親指の位置も人間と同じようにずれています。犬や猫では、見ることが出来ない特徴です。

お風呂の入れ方

フェレットをお風呂に入れる時は、使うシャンプーに気を付けましょう。シャンプーの中には、洗浄剤が強いものもあります。そのため慎重に選びましょう。また、シャンプ-で洗う際は優しく洗いましょう。

動物病院の探し方

フェレットと快適に暮らすためにも、フェレットの健康に配慮する必要があります。そのためにも、動物病院で定期的に検査を受けるようにしましょう。それを行うと病気を防ぐことが出来ます。

専用ホテル

犬や猫のホテルが有るように、フェレットにもフェレット専用のホテルがあります。そのホテルに預ける際は、ケージを用意する事が大事です。普段の生活と変わらない暮らしができます。

ペットのフェレット

フェレットと健康的に暮らして行けるようにするには、フェレットを動物病院で定期的に検査して貰う必要があります。
なぜなら、フェレットは犬がかかるような病気にかかりやすいからです。
例えば、低血糖症やフィラリア症などの病気です。
その病気にかからないようにするためにも、普段の生活から見直していくことが必要になります。
ですから、フェレットの様子がおかしいなと感じた場合は、動物病院に必ず連れて行くようにしましょう。

フェレットにも、インフルエンザがあります。
フェレットのインフルエンザは、主に飼い主から感染している可能性が高いのです。
そして、そのフェレットから人にうつることもあります。
フェレットがインフルエンザにかかると、人間と同じように治るまでに時間がかかります。
このフェレットのインフルエンザは、ジステンバーという病気と症状が似ています。
ですから、見分けることが大切になります。
しかし、インフルエンザと、ジステンバーという病気を見分けることが出来ても、フェレット用のワクチンがありません。
そのため、フェレットがインフルエンザにかからないように、防ぐことが大切です。

フェレットは人間と同様熱中症にかかりやすいです。
しかし、フェレットは、人間のように汗腺がありません。そのため、体温調節は自分で行うことが出来ません。
ですから、夏場は常に気をつける必要があります。